頬のシミ薄くしたい!どの化粧品がおすめ?

 

シミを薄くしたい!シミ対策用の化粧水や美容液、クリームなどはどれがいいのか?

 

トライアルキットがある化粧品を中心にランキング形式にて解説いたしました♪

 

※複数トライアルで試してみて、お気に入りの化粧品を使い続けることをお勧めいたします。

 

また、トライアルに加えて、返金保証付きのシミ対策化粧品もランキング内に加えました。

 

シミ対策用の化粧品ランキング

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

サエルインナードライ訴求バナー

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

 

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

美白ケア(trial)

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

【公式】→http://www2.bglen.net/

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

プレミアムモイスチャー

 

 

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:120g※約40日分
  • 定期購入:3,416円

 

濃いシミを何とかしたい!透明感が欲しい・・・

 

天真堂のエニシングホワイトは1個で7役!
のオールリンワンジェルです。

 

※化粧水・乳液・クリーム・化粧下地・美容液・パック・マッサージクリーム

 

120g!とシミ対策オールインワンの中でもコスパが良く、また医薬部外品&返金保証があるためおすすめです。

 

デメリットは?

 

少しべたつく、といった口コミが多いです。
※個人差があります

 

 

美容について疑問

 

シミに疑問がある人

 

頬にできるシミの原因とは?

 

頬にできるシミはメラノサイトが活性化してしまい、浮かび上がって、表皮に留まったメラニンの固まりが排出されなかった皮膚病です。原因はもちろんメラノサイトの働きですが、それが働いてしまう理由はたくさんあります。

 

・ターンオーバーの乱れにより成立した恐れがあるでしょう。ターンオーバーが乱れるとメラニンの排出もスムーズでなくなり、本来は留まるべきではないメラニンが集結して、シミができます。

 

・チロシンが皮膚の中に存在しますが、それが少ないとチロシナーゼの働きをブロックできません。紫外線や摩擦の影響でメラノサイトが働き始め、チロシナーゼが誘発されます。
チロシンがブロック作用を示しますが、量が足りなかったり、間に合わないとシミを食い止められなくなるでしょう。頬にできるシミによくあるパターンです。

 

・寝不足も色素沈着の原因になります。ターンオーバーを乱すだけでなく、活性酸素を生み出してしまい、その活性酸素がメラノサイトを刺激して、チロシナーゼを誘発させるのが大きな問題です。
また、寝不足はチロシンが減る要因になり、働きも鈍らせてしまいますから、注意すべきです。対策としては、メラノサイトを働かせないように、対処していく必要があります。

 

 

 

シミの予防対策におすすめの食べ物とは?

 

シミの予防対策におすすめの食べ物は、パプリカです。パプリカにはビタミンCが多く含まれています。ビタミンCにはシミを作るメラニン色素を還元する働きがあります。一般的にビタミンCは加熱すると壊れてしまうので、栄養を損なわず摂取するためには生で食べなければなりません。しかしパプリカに含まれるビタミンCは加熱しても変化しません。ビタミンPという成分がビタミンCを熱から守ってくれています。料理のほとんどは火を通すので、パプリカを使って様々な料理に挑戦することができます。赤やオレンジなど色が異なりますが、含まれる栄養素も少し違います。ビタミンCが最も多いのは黄色で、オレンジには抗酸化作用を持つβカロテンが多いです。βカロテンは油で調理すると吸収率が上がります。赤パプリカに含まれるカプサイシンにも抗酸化作用があるので、シミ予防におすすめです。またエラグ酸が含まれる食べ物も、メラニン色素の生成を抑制します。イチゴやブルーベリーからエラグ酸を摂取することが可能です。エラグ酸はポリフェノールの一種で抗酸化物質でもあります。美白化粧品の成分として入っていることも多く、食べ物から取り入れれば内側からもケアできます。

 

コスメQ&A

 

化粧水を塗る女性

 

ハイドロキノンのメリット・デメリットとは?

 

ハイドロキノンとは高い美白効果を持っている成分です。ハイドロキノンが登場する以前はアルブチンという成分が美白成分として活用される機会が多かったのですが、そのアルブチンの100倍を超える効果があると言われています。ハイドロキノンの大きなメリットとしてはチロシナーゼの生成を抑えることができるところが挙げられます。チロシナーゼを生成しているチロシンにも働きかけることができ、肌トラブルに悩んでいる方や美白効果を得たいという方におすすめの成分と言えます。ハイドロキノンには酸化しやすいという特徴がありますが、昨今では化粧品の技術が上昇しているのでその点への工夫がなされています。また、浸透力を高めている商品もあり、大きな効果が期待できます。

 

ハイドロキノンは全てに万能というわけではなく、デメリットも存在します。ハイドロキノンは美白効果の高い成分ですが、逆に言えばそれだけ肌への刺激があるということでもあります。そのため、敏感肌の方が使用した際に肌の赤みやピリピリ感などが生まれてしまうこともあります。この問題はハイドロキノンの濃度を下げることで緩和することができます。そのため、敏感肌の方が使用する際には濃度の低いものを少し使うという方法もあります。

 

 

化粧水の役割を解説

 

女性が洗顔後に肌につける化粧水には、主に3つの役割があります。
第1の役割は、洗顔をすることで肌から失われていく水分を補う役割です。洗顔をすると、肌のうるおいを保つ役目がある物質や、バリア機能を維持する物質も一緒に流されていってしまい、保湿能力が一時的に低下した状態になってしまいますが、化粧水を使用することで自然の保湿能力が回復するまでの間、肌の保湿力を維持することができます。
第2の役割は、美容に役立つ成分を角質層の深くまで浸透させやすくする役割です。洗顔によってバリア機能が失われた肌は、美容成分を肌に浸透させるのに最適な状態になっているということでもあります。化粧水には、グリセリンやコラーゲン、ヒアルロン酸などに代表される水溶性の美容成分が複数配合されており、洗顔後の肌につけることによって成分が浸透し、肌に良い効果をもたらします。
第3の役割は、乳液やクリームをつけたときの効果を高める役割です。肌のケアでは、化粧水を使用した後は乳液やクリームをつけるのが一般的ですが、化粧水で十分に保湿力をもたせることで、乳液やクリームに含まれている油分や美容成分を肌にまんべんなく行き渡らせることができます。